写ルン族 Exhibition Tour ”共鳴” 第一弾新潟展 無事に開催いたしました​

御礼とご挨拶

去る5月30日、新潟のCAVE D’OCCI VINESPAのギャラリー麻にて「写ルン族(しゃるんぞく)」プロジェクトとしての初の企画展「共鳴」を開催することができました。
(写ルン族の共同発起人・鈴木掌の個展「Burn & Born」との共催)

「写ルン族Exhibition Tour“共鳴”」について

コロナ禍にも関わらず当日はたくさんの方がお越しくださり、直接プロジェクトのことをお伝えすることができたのは、本当に貴重で幸せな時間でした。

改めまして、当日お越しくださった皆様、会場との諸々のご調整をいただいた田邊様、大久保様、参加してくださったアーティストの皆様に対し、篤く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

本展示「共鳴」のコンセプトは、

【ルワンダの子どもたちと日本人アーティストの魂の共鳴】

となっています。

写ルン族に共感してくださった5名のアーティストが、実際にルワンダの子どもたちが「写ルンです」で撮影した写真を題材にして、それぞれの想いを込めた作品を制作・ご提供してくださいました。

どの作品もルワンダに対する愛とオリジナリティにあふれ、とても素敵な仕上がりになっています。現在六甲サイレンスリゾート(7月28日~8月1日)他、いくつかの展示を企画していますので、ぜひ作品たちに会いに来てください。皆様にお会いできることを楽しみにしています。

尚、今回展示された作品の一部は、CAVE D’OCCI内のカフェ「KAIHOLO」(〒953-0011 新潟県新潟市西蒲区角田浜1657)にて常設展示販売されているほか、近日中にBrave EGGsのホームページ内にて販売を開始いたします。そちらも楽しみにお待ちください。

また、本プロジェクトでは展示場所を募集しております。お店、ギャラリー、病院待合室など、展示可能な場所がございましたら是非ご連絡ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です